そうめんのゆで方おいしいそうめんのゆで方を説明します。おいしくゆでるコツは、たっぷりのお湯を使うことと、ゆで上がったら氷水でしっかり締めることです。

お湯を沸かす大きな鍋にたっぷりの湯を沸かします。そうめん100gをゆでるには1リットルくらいの湯を用意してください。湯の温度が低かったり、湯の量が少ないと、ゆでむらやべたつき、くっつきの原因になります。

麺を入れるグラグラと湯が沸騰してきたら、そうめんをパラパラとほぐして入れます。麺がくっつかないように箸でほぐしましょう。

沸騰した状態をキープ湯が噴きださないように火加減を調節しながら沸騰した状態をキープします。湯の中で麺がグルグルと回っている状態ならOK。ゆで時間の目安は2分。麺を1・2本食べてみて、芯がなければ、ゆであがりです。

ぬめりをとるざるにあけて湯をきり、冷水で手早くもみ洗いして、めんの表面のぬめりをとります。

氷水で締めるぬめりがとれたら、氷水につけて、麺を引きしめます。氷水でしめると、滑らかな食感でつるつるの喉ごしになります。