かつお節と昆布めんつゆには昆布とかつお節でとった一番だしを使うのが一般的です。一番だしを使ったつゆは上品で癖がなく、香り高い味わいが特徴です。ここでは昆布とかつお節を使った一番だしのとりかたを説明します。かつお節に加えて干しえびを入れるとさらに美味しくなりますよ。

一番だしの材料材料4人分:
かつお節20g、(干しえび20g)、昆布10g、水3カップ

昆布を水に入れる汚れをふきとった昆布を水に入れ、柔らかく戻るまで2~3時間つけて、うまみを出します。柔らかくなったら、鍋を中火にかけます。

昆布を取り出すぷつぷつと泡が立ってきたら、昆布を取り出します。煮立ててしまうと昆布の臭みが出るので注意しましょう。

かつお節を入れる沸騰したらかつお節を加えます。煮立てないように弱火にして2~3分煮ます。煮立てるとアクが出てしまい香りがなくなってしまうので注意しましょう。かつお節に加えて干しえびを入れるとさらに美味しくなりますよ。

キッチンペーパーでこすかつお節が鍋の底に沈むまでおいてから、キッチンペーパーでこします。