竹を加工する水とそうめんがうまく流れるように採ってきた竹を加工します。竹を割るときに壁を利用しますので、近くにブロック塀などの丈夫な壁があり、平らな場所を探します。

切り込みを入れる
竹の先端(細い方)に真上から切り込みを入れます。きれいに割るため、切り込みを真ん中に。

切り込みを広げる
竹を90度回転させ、切り込みを横にします。先から30センチぐらいまで慎重に切り込みを広げていきます。

一気に竹を割る
切り込みに丸い棒を挟み込み、竹の根元を壁に打ち付けるようにして、一気に竹を割ります。表面がすべりやすい竹の棒を利用すると楽に割くことができます。