手延べ製法そうめんには手延べ素麺と機械素麺があり、これらは製造方法が異なります。手延べ素麺は棒状にした生地を2本の箸にかけ、手で引き伸ばし束ねる作業を繰り返しながら細くしていく方法。一方、機械素麺は機械でこねた生地を帯状に細く切って乾燥させる方法です。


手延べは製造工程が特殊で手間が掛かるため、機械と比較すると値段が高くなります。しかし、滑らかな食感が特徴で、そうめんが食べたいなぁと思ったら、手延べ素麺を買えば間違いありません。